ミニ・フェイスリフト

腫れにくい、切開が小さいミニ・フェイスリフト

腫れにくい、切開が小さいミニ・フェイスリフト

手術の手順

耳の前の皮膚に局所麻酔薬を注射します。

耳の前の皮膚を、10~20ミリ程度、切除します。

皮下にリフト用の糸を埋め込みます。

皮フの真皮を高品質な吸収糸で縫合します。

皮フの表面は縫合しません。

茶色のテープを貼るだけで終了です。

真皮縫合に使用する吸収糸

PDSⅡという高品質な吸収糸を使用しています。

抜糸は不要です。

皮フの表面を縫合しないので、抜糸は不要です。

痛みや腫れを抑える工夫

手術前に、鎮痛薬を内服していただきます。

ロキソプロフェンとアセトアミノフェンを用意しています。

注射針は極細のものを使用しています。

局所麻酔薬(キシロカイン)は、最適の濃度、pH、温度のものを使用しています。

また、止血薬(エピネフリン)を含む局所麻酔薬を使用していますので、内出血しにくくなっています。

できる限り、ダウンタイムが短くなるように配慮していますので、ご安心ください。

傷痕をキレイにする工夫

トラニラストというケロイド・肥厚性瘢痕の治療薬を1カ月処方しています。

これは手術料金に含まれています。

相談無料、診察無料

ご相談、診察は無料です。

明朗会計

下記を、ご覧ください。

費用

ミニ・フェイスリフト
39万円(税込)

それ以外の費用は、ありません。

フェイスライン

  1. 切らないで小顔に(エラ)

    切らないで小顔に。ボツリヌストキシン治療薬を下アゴ(咬筋)に注射するだけで顔を小さく。エラを小さく。

  2. 顔の脂肪溶解注射

    顔の脂肪溶解注射。切らない。腫れにくい。

  3. 頬の脂肪吸引

    余分な皮下脂肪を小さな穴から直接に吸引します。

  4. 二重アゴの脂肪吸引

    余分な皮下脂肪を小さな穴から直接に吸引します。

  5. ミニ・フェイスリフト

    腫れにくい、切開が小さいミニ・フェイスリフト

  6. 額リフト

    腫れにくい、切開が小さい額リフト