ワキの下の汗(多汗症)

ワキの下にボツリヌストキシン治療薬を注入すると、汗が出にくくなります。

ワキの下にボツリヌストキシン治療薬を注入すると、汗が出にくくなります。

治療の手順

片ワキの場合、25カ所、ボツリヌストキシン治療薬を注射します。

両ワキの場合、50カ所、ボツリヌストキシン治療薬を注射します。

だいたい、1.0~1.5cm間隔です。

なるべく浅く、皮内に注射するのがコツです。

痛みや腫れを抑える工夫

手術前に、鎮痛薬を内服していただきます。

ロキソプロフェンとアセトアミノフェンを用意しています。

注射針は極細のものを使用しています。

当院で使用している製品

当院では、アラガン・ジャパン(株)が製造販売している「ボトックスビスタ」だけを使用しています。

これは、厚生労働省の承認を受けた製品です。

ボトックスビスタ・患者向けサイト

 

定期的に注射します。

ボツリヌストキシン治療薬の効果は、4~6カ月程度です。

効き目が弱くなってきたら、再注射します。

定期的に注射することを、お勧めしています。

相談無料、診察無料

ご相談、診察は無料です。

明朗会計

下記を、ご覧ください。

費用

ご相談、診察
無料
治療薬50単位
50000円(+税)
治療薬100単位
98000円(税込)

なるべく、100単位での治療を、お勧めしています。ボツリヌストキシン治療薬は、量が多いほどよく効きます。

腋(わき)

  1. ワキの下の汗(多汗症)

    ・ ワキの下にボツリヌストキシン治療薬を注入すると、汗が出にくくなります。