挙筋法(きょきんほう)

切らない二重整形、埋没法(自然癒着)。ノリやテープは卒業しましょう。

切らない二重整形、埋没法(自然癒着)。ノリやテープは卒業しましょう。

  • まぶたの腫れにくさ★★★
  • 二重ラインの持続性★★

挙筋法(きょきんほう)とは?

上眼瞼(上まぶた)には、瞼板(けんばん)と呼ばれる、ちょっと硬い板のような組織があります。

この瞼板をギリギリ避けて(ほぼ直上)、上眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉(その腱膜)に針と糸を通して埋没法を行うのが挙筋法です。

(ここがポイント!)

手術後は、瞼板に糸が露出しません。

※ 当院がお勧めしている手術方法です。

瞼板法(けんばんほう)とは?

上眼瞼(上まぶた)には、瞼板(けんばん)と呼ばれる、ちょっと硬い板のような組織があります。

この硬い瞼板に、グサッと、針と糸を通して埋没法を行うのが瞼板法です。

手術後は、当然ながら、瞼板に糸が露出した状態になります。

<瞼板法のリスク>

・瞼板に傷や凹みができる

・眼がゴロゴロしたりすることがある

・上眼瞼(上まぶた)が反転しにくくなる

(コンタクトレンズの検診など、眼科の診察を受けにくくなる)

・経年の劣化により、糸が切れると、切れた糸の断端が角膜を傷つけることがある

(突然の異物感。チクチクする。激痛、流涙、結膜の充血)

※ 当院では、瞼板法による手術は行っていません。

スクエア法とは?

埋没法の糸の通し方の話です。

スクエアとは、英語で四角という意味です。

埋没法の糸を通した後が、断面図のイメージで長方形になります。

なお、実際には、糸は輪(ループ)になります。

埋没法では、上眼瞼(上まぶた)の皮膚に対して、糸を、なるべく浅く、なるべく横に長く通したほうが、後々、二重のラインが消失しにくいとされています。

当院では、すべて、長方形、または逆台形に糸を通しています。

原則として、2カ所固定

当院では、原則として、デザインした二重まぶたのライン上で、やや内側(鼻側)に1カ所、やや外側(耳側)に1カ所、固定用の糸を埋め込んでいます。

患者さまの希望により、1カ所だけの固定、3カ所の固定も可能です。

4カ所以上の固定は、お勧めしていません。

上眼瞼(上まぶた)の皮膚が、ノット(糸の結び目、糸玉)だらけになるためです。

(ノットが凸凸と目立つことがある)

また、患者さまの希望により、片眼だけの手術も可能です。

無理に両眼の手術を勧めることはありませんので、ご安心ください。

糸は細いほどいい?

埋没法に使用する糸は、細いほど目立ちません。

ノット(糸の結び目、糸玉)も小さくなるので、ノットが目立ちません。

しかし、一番の問題は耐久性です。

細い糸ほど切れやすいのです。

当院では、私(院長、鈴木敏夫)が、患者さまの上眼瞼(上まぶた)の状態や、希望する二重のラインに合わせて、経験的にベストと思われる太さの糸を選んで使用しています。

糸は何色がいい?

一般的に、埋没法に使用する手術用のナイロン糸は、黒、青、白(クリア、透明)の3色があります。

一番目立たないのは白(クリア、透明)ですが、後で何かの理由で糸を除去したいと思った時に、探すのが難しくなります。

黒い糸は、太いと、かなり目立ちます。

そういう理由で、当院では青い糸を使用しています。

ノットは多いほうがいい?

かつて、ノット(糸の結び目、糸玉)を増やす埋没法が流行したことがありました。

そのほうが、二重のラインが消失しにくいと宣伝広告されたのです。

某大手クリニック(すでに閉院)では、「ダブルノット法」という手術方法が推薦されていました。

これは、1本の糸に2個のノットを作る手術方法です。

他には「トリプルノット法」があり、これは、1本の糸に3個のノットを作る手術方法です。

しかし、実際は、

・ノットが凸凸と目立つことがある

・糸が切れてしまえば、元も子もない

・何かの理由で糸を除去する時、ノットの数だけ皮膚を切開する必要がある

というリスクがありました。

当院の埋没法(挙筋法)は、1本の糸に、ノットが1個です。

手術は、なるべくシンプルなほうがいいと考えています。

万一、糸を除去する必要がある時は、1カ所、2ミリほど切開するだけで、全部キレイに除去できます。

当院では眼瞼下垂になりません

ネットで挙筋法(きょきんほう)と検索すると、眼瞼下垂になるといった情報が見つかるのですが、ソース(情報源)がよくわかりません。

私の経験では、なりません。

もしなるとすれば、糸をきつく縛り過ぎているのではないかと思います。

あるいは、希望する二重の幅が広過ぎて、上眼瞼挙筋に大きな負担がかかっているのかもしれません。

当院では、無理のある幅広の二重にはしません。

痛みや腫れを抑える工夫

手術前に、鎮痛薬を内服していただきます。

ロキソプロフェンとアセトアミノフェンを用意しています。

注射針は極細のものを使用しています。

局所麻酔薬(キシロカイン)は、最適の濃度、pH、温度のものを使用しています。

また、止血薬(エピネフリン)を含む局所麻酔薬を使用していますので、内出血しにくくなっています。

できる限り、ダウンタイムが短くなるように配慮していますので、ご安心ください。

相談無料、診察無料

ご相談無料、診察は無料です。

明朗会計

詳細は下記を、ご覧ください。

1年間保証

万一、1年以内に二重のラインが消失した場合は、無料で再手術いたします。

費用

相談、診察
無料
鎮痛薬の内服
無料
点眼麻酔薬
無料
局所麻酔薬
無料
片眼1カ所固定
4万円(+税)
片眼2カ所固定
6万円(+税)
片眼3カ所固定
8万円(+税)
両眼1カ所固定 
6万円(+税)
両眼2カ所固定
10万円(+税)
両眼3カ所固定 
14万円(+税)

※ 4カ所以上の固定は、お勧めしていません。

眼・まぶた

  1. 挙筋法(きょきんほう)

    切らない二重整形、埋没法(自然癒着)。ノリやテープは卒業しましょう。

  2. ミニ切開法アドバンス

    埋没法(自然癒着)の欠点を改善。余分な脂肪の除去も可能です。スッキリとした二重まぶたに。

  3. 全切開法・上アイリフト

    整形(ソンヒョン)先進国の韓国では常識。埋没された糸の除去も可能です。パッチリとした二重まぶたに。

  4. 眉下切開・眉下リフト

    上まぶたを自然にアップ。二重の幅が広がります。若返り効果もあり。額のシワの改善もあり。

  5. 目頭切開

    ハーフのような平行型の二重まぶたに。

  6. 目の下のたるみ改善

    目の下のたるみを改善します。アイリフト。若返り効果あり。

  7. 不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)

    不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)は、当院の使命(ミッション)です。