ミニ切開法アドバンス

埋没法(自然癒着)の欠点を改善。余分な脂肪の除去も可能です。スッキリとした二重まぶたに。

埋没法(自然癒着)の欠点を改善。余分な脂肪の除去も可能です。スッキリとした二重まぶたに。

  • まぶたの腫れにくさ★★★
  • 二重ラインの持続性★★★

ミニ切開法アドバンスとは

患者さまの希望に合わせて、二重まぶたのラインをデザインします。

その中央部を、5~10ミリほど切開します。

ここから余分な眼輪筋、眼輪筋下の脂肪、眼窩脂肪を、必要十分に切除します。

(ここがポイント!)

切開線の左右に、二重まぶたのラインにそって、二重ライン固定用の糸を埋め込みます。

カンタンにいえば、当院の「ミニ切開法アドバンス」とは、挙筋法(2カ所固定)と全切開法の中間、ハイブリッドです。

さらにいえば、細部に私(院長・鈴木敏夫)の独自の工夫が多く含まれておりますので、当院オリジナルの手術と、お考えください。

神は細部に宿る

 

余分な脂肪を除去できる

二重まぶたを作成するために最もジャマというか余分なものが、「眼窩脂肪」です。

比較的に太った方ですと、眼窩脂肪も多い傾向があります。

「ミニ切開法アドバンス」では、この余分な眼窩脂肪をしっかりと切除します。

そのため、スッキリとした仕上がりになり、術後の腫れも目立ちにくいということになります。

また、埋没糸にかかる負担が少なくなるので、後々、糸が切れて二重の固定が緩んだりするリスクが小さくなります。

ノットが目立たない

従来の埋没法(自然癒着)の欠点として、術後にノット(糸の結び目、糸玉)が凸っと目立つことがあるという問題があります。

これは、比較的に太い糸を使用した場合になりやすいです。

これを避けるためには、なるべく細い糸を使用したほうがいいのですが、そうすると今度は、糸の耐久性が問題になります。

つまり、糸が切れやすい、二重まぶたのラインが消えやすくなるということです。

当院の「ミニ切開法アドバンス」では、ノットは上眼瞼(上まぶた)の中央部の奥深い場所に埋没されるように工夫しています。

そのため、術後にノットが凸っと目立つようなことはありません。

他院では、ノットを、わざわざ上眼瞼(上まぶた)の裏側(結膜側)に作るような手術も、いろいろ行われていますが、その必要はないということです。

新素材の丈夫な糸を使用

二重のラインを固定するために、国内初の新素材ポリビニリデンフルオライド(PVDF)を使用した「アスフレックス」という糸を使用しています。

これは皮下に埋没されて、半永久的に残ります。

アスフレックスは、従来のナイロン糸と比較して、劣化しにくく丈夫です。

高価な糸ですが、それだけの価値があると信じて使用しています。

「河野製作所 アスフレックス」の公式ウェブサイトは、こちら

 

抜糸は不要

「ミニ切開法アドバンス」では、上眼瞼(上まぶた)の中央部を、5~10ミリほど切開します。

この部分は、最後に極細のナイロン糸で1~2針ほど縫合します。

このナイロン糸は、当院独自の工夫により、1~2週間後に自然に脱落します。

そのため、抜糸のためだけに来院する必要はありません。

ミニ切開法アドバンスの欠点

これは通常の埋没法(自然癒着)と共通することですが、余分な皮膚の切除はできません。

つまり、上眼瞼(上まぶた)の皮膚のタルミが多い方には不向きな場合があります。

その場合は、眉下切開の併用、または全切開法を勧める場合があります。

これは実際に診察した上で説明いたします。

院長の使命感

ミニ切開法アドバンスは、私(院長、鈴木敏夫)が使命感を持って行っている治療です。

一般的に、ほとんどの患者さまは、初めての二重まぶたの手術に「埋没法」を選びます。

「切らない」というキャッチフレーズが、なんとも魅力的だからです。

「できることなら切りたくない」「糸で縫うだけでカンタンに二重まぶたになるのなら、そのほうがいい」

その気持ちは、わかります。

しかし、世の中には、明らかに埋没法に不向きな眼というものがあるのです。

具体的には、はれぼったい上眼瞼、厚い皮膚、厚い眼輪筋、厚い眼輪筋下の脂肪層、多量の眼窩脂肪を持つ眼です。

こういう眼を持つ方が埋没法を受けると、最初はよくても、数年後には二重のラインが消えてしまいます。

それで、2回目の埋没法の手術を受けることになる。

その数年後に、また二重のラインが消えてしまうと、3回目の埋没法の手術を受けることになる。

こんなことをくりかえしていると、上眼瞼が糸だらけになってしまうのです。

私は、こうした多数の糸の除去を専門に、日々の診療を行っています。

そして、こうなる前に、「ミニ切開法アドバンス」を知ってほしかった、「ミニ切開法アドバンス」の手術を受けてほしかったと思っているわけです。

痛みや腫れをおさえる工夫

手術前に、鎮痛薬を内服していただきます。

ロキソプロフェンとアセトアミノフェンを用意しています。

注射針は極細のものを使用しています。

局所麻酔薬(キシロカイン)は、最適の濃度、pH、温度のものを使用しています。

また、止血薬(エピネフリン)を含む局所麻酔薬を使用していますので、内出血しにくくなっています。

できる限り、ダウンタイムが短くなるように配慮していますので、ご安心ください。

 

相談無料、診察無料

ご相談無料、診察は無料です。

明朗会計

詳細は下記を、ご覧ください。

費用

相談、診察
無料
鎮痛薬の内服
無料
点眼麻酔薬
無料
局所麻酔薬
無料
片眼(基本料金)
9万円(+税)
両眼(基本料金)
18万円(+税)
皮下組織の適量切除
追加料金¥0
眼窩脂肪の適量切除
追加料金¥0
埋没された糸の除去 手術中、過去に埋没された糸を発見して除去した場合は、追加料金が発生します。
最初の1本は4万円(+税)、追加1本につき2万円(+税)

眼・まぶた

  1. 挙筋法(きょきんほう)

    切らない二重整形、埋没法(自然癒着)。ノリやテープは卒業しましょう。

  2. ミニ切開法アドバンス

    埋没法(自然癒着)の欠点を改善。余分な脂肪の除去も可能です。スッキリとした二重まぶたに。

  3. 全切開法・上アイリフト

    整形(ソンヒョン)先進国の韓国では常識。埋没された糸の除去も可能です。パッチリとした二重まぶたに。

  4. 眉下切開・眉下リフト

    上まぶたを自然にアップ。二重の幅が広がります。若返り効果もあり。額のシワの改善もあり。

  5. 目頭切開

    ハーフのような平行型の二重まぶたに。

  6. 目の下のたるみ改善

    目の下のたるみを改善します。アイリフト。若返り効果あり。

  7. 不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)

    不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)は、当院の使命(ミッション)です。