目頭切開

ハーフのような平行型の二重まぶたに。

ハーフのような平行型の二重まぶたに。

平行型の二重まぶた

二重整形の際に、パッチリした平行型の二重にしたいという希望する患者様も多いのですが、眼の内側のモーコヒダが、邪魔になることがあります。

この場合は、目頭切開を併用すると効果的です。

また、左右の目と目の距離が広く見えて、逆に眼の横幅が狭く見える状態(ヒラメ顔)にも効果的です。

W?Z?V? リドレープ法?

目頭切開の手術方法は、多種類あります。

有名なのは、W法、Z法、V法です。

これは、手術する時のデザインがWやZやVに似ていることから、そう呼ばれています。

それぞれ、長所、短所があります。

いろいろな手術方法があるということは、決定的に優れた手術方法がないということでもあります。

最近では、「リドレープ法」と呼ばれる新しい手術方法もあります。

まずは、目頭の皮膚を切開して、皮下の眼輪筋を必要十分に切開します。

実は、モーコヒダを作っているのは、皮膚だけではなく、目頭付近の眼輪筋なのです。

ですから、目頭付近の眼輪筋を必要十分に切開すると、それだけで、モーコヒダが、ほとんどなくなります。

そして、目頭付近の皮膚は、少し余ったような状態になります。

その余った皮膚を必要最小限、カット、トリミングして、ぴったりとキレイに合うようにしてから、縫合します。

トリミングが雑だと、傷の両端がドッグイヤー(犬の耳)になりやすいので、注意します。

手術のポイントは、「眼輪筋の切開が先、皮膚の切除が後」というところです。

この手順であれば、目頭の皮膚を切り過ぎてしまうような失敗は、ありません。

傷には緊張(テンション)が、ほとんどかからないので、早くキレイに治ります。

当院では、私(院長、鈴木敏夫)が、患者さまに合わせて、オリジナルのデザインで手術を行っています。

基本的には、V法、リドレープ法のハイブリッドと、お考えください。

傷痕は自然なV型になり、時間が経てば、ほとんど目立ちません。

かつて、目頭切開は不自然な傷跡が残る、ケロイド・肥厚性瘢痕になりやすいといわれたのですが、手術方法にも問題があったのではなかったかと思っています。

 

痛みや腫れをおさえる工夫

手術前に、鎮痛薬を内服していただきます。

ロキソプロフェンとアセトアミノフェンを用意しています。

注射針は極細のものを使用しています。

局所麻酔薬(キシロカイン)は、最適の濃度、pH、温度のものを使用しています。

また、止血薬(エピネフリン)を含む局所麻酔薬を使用していますので、内出血しにくくなっています。

できる限り、ダウンタイムが短くなるように配慮していますので、ご安心ください。

 

抜糸は7日後

目頭切開の手術では、極細のナイロン糸で皮膚を縫合しています。

この糸は7日後に抜糸が必要です。

10分程度で終わります。

リスク、副作用、合併症

内出血、感染、化膿、傷の離開

希望と違う仕上がり、左右差

ケロイド・肥厚性瘢痕

相談無料、診察無料

ご相談無料、診察は無料です。

明朗会計

詳細は下記を、ご覧ください。

値段

相談、診察
無料
鎮痛薬の内服
無料
点眼麻酔薬
無料
局所麻酔薬
無料
片眼
5万円(+税)
両眼
10万円(+税)

眼・まぶた

  1. 挙筋法(きょきんほう)

    切らない二重整形、埋没法(自然癒着)。ノリやテープは卒業しましょう。

  2. ミニ切開法アドバンス

    埋没法(自然癒着)の欠点を改善。余分な脂肪の除去も可能です。スッキリとした二重まぶたに。

  3. 全切開法・上アイリフト

    整形(ソンヒョン)先進国の韓国では常識。埋没された糸の除去も可能です。パッチリとした二重まぶたに。

  4. 眉下切開・眉下リフト

    上まぶたを自然にアップ。二重の幅が広がります。若返り効果もあり。額のシワの改善もあり。

  5. 目頭切開

    ハーフのような平行型の二重まぶたに。

  6. 目の下のたるみ改善

    目の下のたるみを改善します。アイリフト。若返り効果あり。

  7. 不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)

    不適切な埋没法の糸の除去(抜糸)は、当院の使命(ミッション)です。