ミニ切開法アドバンス

眼・まぶた

ミニ切開法アドバンスについて

二重整形術としての主流は(クリニックによって施術名自体は異なりますが)「埋没法」という術式です。

まぶたにメスを入れないため、腫れにくくダウンタイムが短いのが特徴です。

また価格も安く手が出しやすいため、初めての整形術として選択する人が多いです。

しかし、脂肪が多く分厚いまぶたや、二重手術を繰り返してたるんだまぶたは、「埋没法」が向いていません。

このようなまぶたは、糸で縫い付けるだけではすぐにもとに戻ってしまうからです。

したがって、埋没法ではなく「全切開法」を行って二重にします。

しかし埋没法と比べると、通院が必要なこと、ダウンタイムが長いこと、費用が高いことなどのデメリットがあります。

そこで、当院オリジナルの「ミニ切開法アドバンス」という方法があります。

「ミニ切開法アドバンス」は、埋没法(挙筋法)と全切開法のメリットを合わせもつ、院長が独自に編み出した手法です。

この方法では、狭い切開範囲において、全切開法のようにまぶたの余分な脂肪や過去の埋没糸の除去を行うことが出来ます。

余計なものを除去することで二重のラインも確実に固定できるので、埋没法よりもスッキリとした綺麗な二重をつくれます。

傷跡も小さいため、埋没法と同じくらいダウンタイムも短いです。

また全切開法では仮止め糸の抜糸に2週間後の通院が必要ですが、この方法では仮止め糸が自然と脱落するような工夫がされているため、ご来院は初回のみで結構です。

さらにこの手術で使う仮止め糸は極細のナイロン糸を使用していますので、手術直後からほとんど目立ちません。

基本料金も全切開法より安価に設定しており、追加料金に関しては糸の除去は埋没法抜糸と同じ料金、眼窩脂肪切除は追加料金なしで行っております。

ミニ切開法アドバンスは、全切開法でしか二重に出来ないようなまぶたでも、埋没法のような小さな傷痕・短いダウンタイムで二重を作ることが出来る革新的な方法です。

美容外科歴20年の院長が、自信を持っておすすめできる二重術です。

アフターケアも行っており、二重のラインは1年間の保証付きです。

もし二重のラインが1年以内に消失してしまった場合は、無料で再手術いたしますのでご安心ください。

ぜひアロマ美容外科クリニックにご相談ください。

こんな方におすすめです

まぶたが分厚く、腫れぼったいです。

 

他院で埋没法は難しいと言われたのですが、全切開法以外の方法はないのでしょうか?

ミニ切開法アドバンスでは、二重整形と同時に眼窩脂肪の切除を追加料金なしで行います。

 

傷痕やダウンタイムも埋没法と変わらず、費用も全切開法より安く済みます。

 

他院で過去に埋没法による二重整形をしましたが、元に戻ってしまいました。

 

もう一度二重にしたいのですが、まぶたに埋まっている糸も同時に除去できますか?

過去の埋没糸は残しておくと、まぶたや眼のトラブルの元となります。

 

ミニ切開法アドバンスでは、二重整形と同時に、すでに埋没されている糸の除去を出来る限り行います。 

手術について

手順

    1. 事前に二重ラインのデザインを患者様と決定
    2. 点眼麻酔
    3. まぶたに局所麻酔薬を注射
    4. 二重ラインに沿ってまぶたを10ミリほど切開
    5. まぶたの下にある皮下組織や余分な眼科脂肪を切除
    6. 二重のラインを2カ所で確実に固定
    7. 極細のナイロン糸で1~2針縫合して仮止め

時間

片眼:20~30分

両眼:40~60分

ダウンタイム

3日~1週間(大きな腫れや内出血は埋没法と同様に少ないです)

通院

なし(仮止め糸は1~2週間で自然に脱落します)

注意点

まぶたの脂肪や皮膚があまりにも分厚い・余っている場合は、ミニ切開法アドバンスでは取り切れない場合があります。

その場合は全切開法または、ミニ切開法アドバンスと眉下切開を併用するかたちをおすすめしています。

費用について

基本料金

両眼:18万円(+税)

片眼:9万円(+税)

追加料金

眼窩脂肪切除:無料

埋没糸の除去:1本につき2万円(+税)

アフターケア

二重のラインが1年以内に消失した場合の再手術:無料

    関連記事