タトゥー(刺青、入れ墨)の除去

お身体

タトゥーを消したいと思ったら

タトゥー(TATTOO、刺青、入れ墨)は、自然に消えたり、自分で消すことは出来ません。

肌の構造は、表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つに分かれています。

「表皮」では、いわゆる肌のターンオーバーがおこっており、時間が経つにつれて古くなった細胞が垢(あか)として自然に剥がれ、新しい細胞に置き換わります。

しかし、「真皮」より深部ではターンオーバーがおこりません。

一般的なタトゥーは「真皮」に色素を注入するため、自然には絶対に消えないのです。

ちなみに、ヘナタトゥーやジャグアタトゥーは、「表皮」に色素を入れるため、時間が経つと自然に消えます。

タトゥーを消す方法

タトゥーを消してしまう方法は2つあります。

1つ目はレーザーを照射して真皮にある色素を細かく砕き、回数を重ねて、薄くしていく方法(レーザー治療)です。

2つ目はタトゥーのある部分を真皮ごと切除し、縫い合わせる方法(皮膚切除)です。

どちらにもメリット・デメリット、向き・不向きがあり、どちらが良いかは一概には言えません。

当院で出来るタトゥー除去治療

アロマ美容外科クリニックでは「皮膚切除」によるタトゥー除去治療を行っています。

※レーザー治療の取り扱いはありません。

このような方におすすめです

  • すぐに「刺青」という見た目を改善したい
  • 時間や費用が限られている
  • レーザー治療をしたが、消えずに残ってしまった

このような刺青におすすめです

  • ワンポイント
  • 細長いデザイン
  • カラフル(多色)
  • 色が濃い

治療経過イメージ

単純切除

  • 術前

2センチほどの小さな刺青の場合は、紡錘形に皮膚を切除して縫合します。

傷痕は6~8センチになり、徐々に薄くなって最終的には白い線になります。

10センチほどの細長い刺青の場合は、帯状に皮膚を切除して縫合します。

傷痕は12~16センチになり、こちらも最終的には白い線になります。

分割切除

  • 術前

広い範囲にある刺青は、複数回に分けて分割切除を行います。

最初に、幅2~3センチ程度切除して縫合します。この時点ではまだ跡が残っている状態になります。

半年~1年ほど待って皮膚が伸びてきたら、残りの刺青を再び切除して縫合します。

必要があればこの過程を繰り返します。

傷跡は最終的に白い線になり、目立ちにくくなります。

範囲が広すぎる場合は切除が難しい場合があります。メールに写真を添付してお問い合わせください。

削皮(さくひ)術

  • 術前

皮膚を切除せずに、メスとハサミを使って表面を薄く削ります。

その後、特別な被覆材(ひふくざい)を貼って、皮膚の再生を促します。

皮膚が上皮化するまでに2~4週間かかります。

治療内容

最初に鎮痛薬、抗生物質、止血薬を内服していただきます。

皮膚を消毒し、 切除範囲を極細のペンでデザインします。

極細の針で局所麻酔薬を注射します。

【単純切除・分割切除の場合】

バイポーラという機械でていねいに止血しながら、メスとハサミで皮膚を切除します。

切除後は、皮膚の深部で傷を縫合(真皮縫合)します。

傷の表面にはテープを貼り、ガーゼと包帯を巻きます。

【削皮術の場合】

メスとハサミを使って、皮膚を薄く削ります。

削皮後は、被覆材(ひふくざい)を貼り、包帯を巻きます。

治療時間

【単純切除・分割切除】

小さなものは30分~60分、大きなものは60分~120分ほどかかります。

【削皮術】

15~30分ほどかかります。

治療後の注意点、アフターケア

抜糸 なし
通院 なし
シャワー 当日から可能
入浴 1週間後から可能
運動 1週間後から可能

シャワーでは、手術した場所を濡らさないようにしてください。

原則として通院は不要ですが、ご心配なことがあればいつでも診察いたします。

【削皮術のみ】

皮膚が完全に再生するまで、ご自分で被覆材を2~3日に一度交換していただきます。

治療に関わる主なリスク・副作用

  • 処方薬に対してのアレルギー症状
  • 感染
  • 傷の離開
  • 縫合糸の露出
  • 肥厚性瘢痕
  • ケロイド

症例写真

単純切除

左前腕の刺青を単純切除した症例①

治療内容 刺青の単純切除
費用 20万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2014年8月)
術後6カ月(2015年2月)

左前腕の刺青を単純切除した症例②

治療内容 刺青の単純切除
費用 20万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2008年9月)
術後10年(2018年9月)
術前(2008年9月)
術後10年(2018年9月)

右前腕の刺青を単純切除した症例③

治療内容 刺青(カラフル)の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2014年5月)
術後1年4カ月(2015年9月)

左前腕の刺青を単純切除した症例④

治療内容 刺青(カラフル)の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2009年12月)
術後4年(2013年12月)

右前腕の刺青を単純切除した症例⑤

治療内容 刺青(レーザー治療失敗後)の単純切除
費用 20万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2007年1月)
術後3年(2010年1月)

左手背の刺青を単純切除した症例①

治療内容 刺青(レーザー治療失敗後)の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2014年2月)
術後4年(2018年4月)

左手背の刺青を単純切除した症例②

治療内容 刺青(レーザー治療失敗後)の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2010年9月)
術後1カ月(2010年10月)

右上腕の刺青を単純切除した症例

治療内容 刺青の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2008年10月)
術後6年(2014年7月)

左上腕の刺青を単純切除した症例②

治療内容 刺青の単純切除
費用 15万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2008年7月)
術後2年(2010年7月)

左上胸部の刺青を単純切除した症例写真

治療内容 刺青の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2007年10月)
術後6年(2013年10月)

右下腿の刺青を単純切除した症例写真

治療内容 刺青の単純切除
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2011年3月)
術後6カ月(2011年9月)

分割切除

左上腕の刺青を分割切除した症例①

治療内容 刺青の分割切除
費用 1回目:20万円(+税)
2回目:20万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2010年1月)
1回目術後(2010年1月)
2回目術後(2010年3月)

1回目術後から9カ月(2010年10月)

左上腕の刺青を分割切除した症例②

治療内容 刺青の分割切除
費用 1回目:15万円(+税)
2回目:15万円(+税)
3回目:15万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2010年9月)
1回目術後(2010年9月)
2回目術後(2012年4月)
3回目術後(2013年4月)
1回目術後より7年6カ月(2018年3月)

右前腕の刺青を分割切除した症例

治療内容 刺青の分割切除
費用 1回目:15万円(+税)
2回目:15万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2008年3月)
1回目術後(2008年3月)
2回目術後(2008年12月)
1回目術後から10年(2018年3月)

削皮術

指の刺青を削皮した症例①

治療内容 刺青(カラフル)の削皮術
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2014年5月)
術後4年(2018年11月)

指の刺青を削皮した症例②

治療内容 刺青(レーザー治療失敗後)の削皮術
費用 10万円(+税)
リスク・副作用 上記
術前(2010年8月)
術後1カ月(2010年8月)

費用について

10万円(+税)前後が目安ですが、サイズによって大きく異なるため、メールでのお見積りをさせていただいております。

お手数ですが、

  • スマートフォンなどで撮影した写真
  • メジャーで正確に測った縦・横・最大の長さ

を記載したうえで、メールにてご連絡ください。

【削皮術のみ】

追加で、皮膚の再生を促進するスプレーを使用することがあります。

1本(追加料金) 10000円(+税)

関連記事